オペラ歌手 丹呉由利子blog

メゾソプラノ 丹呉由利子のブログ

スーパーオペラ「紅天女」

昨夜、オーチャードホールにてスーパーオペラ「紅天女」の千穐楽が無事に終幕致しました。

ご来場下さいました皆様、本当にありがとうございました。

 

f:id:tangoyuriko:20200116113921j:image

 

この作品が、私の日本オペラデビューとなりました。

ここ数年、自身のコンサートなどで日本の歌を歌う機会が多くなりお客様からの反響も良くて、「やはり日本人なのだから母国語のオペラも勉強してみたいな」と思い始めていた矢先に目にしたのがこの「紅天女」のオーディションでした。

とにかく受けてみない事には何も始まらないと思い、オーディションは別の本番(偶然にも、タイトルロールの小林沙羅ちゃんと同じ現場でした)の期間と被っていましたが半ば無理やり受けに行きました。行って良かった、本当に。

f:id:tangoyuriko:20200116114828j:image

 

オペラを5日連続で公演する事は滅多にある事ではありません。新作の日本初演で、音楽も転換も非常に難しい部分も多かったですが、スタッフの方々もキャストも日を追う事に作品に馴染み、毎日成長を続けた作品でした。

 

f:id:tangoyuriko:20200116115259j:image

 

f:id:tangoyuriko:20200116120146j:image

第二幕

伊賀の局(丹呉由利子)、楠木正儀(岡 昭宏)、楠木正勝(斎木智弥)

 

f:id:tangoyuriko:20200116120402j:image

第三幕

伊賀の局(丹呉由利子)、楠木正儀(岡 昭宏)、楠木正勝(斎木智弥)

 

美内先生の台本は、少女コミックの枠を超えた深いテーマが描かれていて、神や仏と言ったキーワードも頻繁に登場します。

 

そんな中で、私の演じた「伊賀の局」の楠木ファミリーは歴史上実在した人物たち。

紅天女が人間達への愛や怒りを壮大に歌う一方で、「伊賀の局」は人間の女性目線で夫や息子に対する愛情や、戦に送り出す心情を歌う素敵な役どころでした。

「行かないで、あなた」と始まるアリアは、本当に無駄のないシンプルでダイレクトな歌詞で、それ故の難しさがありましたが、戦乱の世を生きる女性の強さや悲しみを表現出来ればと思い大切に歌わせて頂きました。

☆☆☆

f:id:tangoyuriko:20200116121922j:image

作曲家 寺嶋民哉先生

1度聞いたら忘れられない、美しく印象的な音楽でした。2幕で伊賀の局が登場する前のシーンに流れる楠木のテーマ(?)を聴くと背筋が伸びて「伊賀の局」になれました。あの音楽の中に生きる事が出来て幸せでした。

 

f:id:tangoyuriko:20200116122011j:image

美内すずえ先生

どこか人間離れしている(褒め言葉)素晴らしい感性をお持ちで、だからこそあの作品を産み出されたのだと思います。読めば読むほどに考えさせられるとても深く、大切なテーマを持った台本でした。

 

f:id:tangoyuriko:20200116122229j:image

園田マエストロ、同役の長島由佳さん

 

誰よりも作品を理解し、誰よりも熱く冷静に導いて下さったマエストロ。まだまだ拙い私を導いて下さり、心より感謝しています。

 

f:id:tangoyuriko:20200116130757j:image

 

副指揮 鈴木恵理奈さん、一真 山本 康寛さん

ベルカントのイメージだったけど、日本語も素晴らしく上手だった山本君と…

キャスト全員から女神と呼ばれていた恵理奈さん♪

彼女がいなかったら、成功はあり得ませんでした。

気持ちが溢れてしまい、打ち上げで少し酔っ払って背中にくっついてしまいました…。困った様なお顔をしていらっしゃいました………。

 

 

f:id:tangoyuriko:20200116123803j:image

両チーム楠木ファミリー(息子が一人足りない?!)

とても心地よいファミリーでした。感謝。

f:id:tangoyuriko:20200116123613j:image

そして、もはや言葉はいらない。由佳ちゃん……♡

 

写真はありませんが演出の馬場さん。

私に幸せな時間を下さった郡愛子総監督。

 

関わって下さった全ての皆様に感謝致します。本当にありがとうございました。

 

BorderlessSongs -性別を越える音楽達

今日はメゾソプラノのズボン役に焦点を当てたコンサートでした。

 

今までやった事が無かったのが不思議なくらい、魅力的な企画で参加できて大変楽しかったです♡

 

f:id:tangoyuriko:20191209225636j:image

 

巷で猛威を奮っているインフルエンザの影響で、出演出来ないキャストが出るというこの時期ならではのハプニングもありましたが…

ほぼ満席のお客様をお迎えし、何とか歌いきりました。

 

f:id:tangoyuriko:20191209225837j:image

↑第1部で歌ったタンクレディの衣装はこんな感じ。一緒に写っているのは大好きな同門の後半、さいかちゃん

宇宙服とかZOZOスーツとか言われたけど、個人的にはとても気に入ってました……え、ダメ?

 

タンクレディは今回のお仕事で初めて楽譜を開くアリア。

ロッシーニのオペラ・セリア作品はブッファほどの上演回数ではありませんが…。このアリアはほんっっっとうに名曲で、勉強すればする程好きになりました。

アルト歌手が得意とする声域が多用されているので、メゾの私だと「もっとこう表現したいのに、できないっ!」ともどかしく感じる部分も多くありましたが、とにかく素敵なアリアなのでそれを皆様に少しでもお伝えしたい!という気持ちで歌いました。

f:id:tangoyuriko:20191209230510j:image

↑伴奏の林くんの素晴らしい音楽も光りました!!

 

藤原でロジーナを歌わせて頂いたのに何言ってんだ…って感じですが、ずっとアジリタにコンプレックスがあり…今回も難儀だったのですが、複数の方に褒めて頂けて少し…いや、だいぶ嬉しかったです♡お勉強して良かった!!!!!!!!

また歌いたいなぁー、タンクレディ

 

そして、後半はあまり経験のないドイツ物やらフランス物やら…!

「こうもり」のオルロフスキーのクプレを歌い

ヘンゼルとグレーテル」の二重唱で踊りまくり(かーーなり辛かった)

f:id:tangoyuriko:20191209231136j:image

f:id:tangoyuriko:20191209231146j:image

↑グレーテルの仲畑さんと♡

 

息を整える間もなく、「ホフマン物語」の舟歌を歌い…

 

f:id:tangoyuriko:20191209231308j:image

↑衣装は違いましたが、美しすぎた川越さん!

 

最後は怒涛の「薔薇の騎士」!!

 

初めてのオペラ、殆どやらないドイツ語、そして指揮者無し、お風呂の様に響いて伴奏も聞こえにくい…

 

正直、ドイツ物にお詳しい方には顔向け出来ないほど色々と事故りましたが…ここでもピアノの林くんの神の様なナイスフォローに救われました…。

 

泣きたい気分だったけど、終演後師匠からは褒めて貰えたのでそれが心の拠り所となりました。

薔薇の騎士、本当に素敵な美しいオペラなのでしっかり時間をかけてレパートリーにしてリベンジしたい、指揮有りで!!!

 

f:id:tangoyuriko:20191209232003j:image

↑お世話になったアートマネージメントの除さん♡

何故か、私の事をすごく褒めてくれて…日頃いじられキャラな私はとっても良い気分でお調子にのりました♡♡♡

除っちゃん、お疲れ様でした♪

 

f:id:tangoyuriko:20191209232148j:image

↑リハ中にかりんとうを摘むタンクレディ

 

明日は紅天女だぁー!

 

紅天女in 桜新町

1月11日から5日間にわたり上演される「紅天女」の音楽稽古がいよいよ佳境に入り、稽古場が新百合ヶ丘から桜新町に移動しました。

 

f:id:tangoyuriko:20191204053807j:image

 

昨日は音楽の通し稽古で、自分の出ていないシーンもじっくり拝聴致しました。

 

皆さん、本当に芸達者で聴いているだけでも時間があっという間に過ぎてしまいます。

特にタイトルロールとも言うべき「紅天女」「阿古夜」役の難しさといったら………!!

 

チラシにはスーパーオペラと書かれているのですが、美内先生がTwitterで「歌手の皆さんにとってのスーパーオペラだったんですね」と呟かれていましたが、、、いやはや本当に主役がスーパー難しいオペラだなと感じました。

主役のソプラノのお二人、素晴らしいです。

 

f:id:tangoyuriko:20191204054624j:image

 

同じ役の由佳さんと。昨日は服装まで何となく似ていましたよ 笑

 

私達の役どころは、武家の頭領の妻。伊賀の局で検索すると詳しく出てきますが実在の人物で、愛と強さを併せ持つ素晴らしい女性です。

 

音楽がとても素敵が故に、表面的な「愛」の雰囲気にだけ流されると「強さ」が表現できず…。その辺りが今回の課題かなと思います。

 

f:id:tangoyuriko:20191204054923j:image

 

園田マエストロの音楽作りは流石の一言で、なんとか喰らい付いてついて行きたいと思います。

 

ソニー吹奏楽団

ソニー吹奏楽団様のファミリーコンサートに、司会+歌手として呼んで頂きました。

 

大学関連のお仕事でも川崎で歌う事はありますが、カルッツかわさきのホールは初めて入りました。

新しくてとても綺麗なホールでした。

 

f:id:tangoyuriko:20191110193456j:image

 

このクラスのホールで、あの規模のコンサートを無料開催出来るとは…大企業様って、すごい。

お客様もかなり沢山お越し頂き、アンケートを読むとこのコンサートの常連の方も多い様子。

 

そのくらい、もう何年も開催している恒例行事の様なコンサートに関わらせて頂き、これまでの雰囲気を壊してしまう事の無いようにしっかりと務めねば!と意気込んでいたのですが、団員の皆様も、小林恵子マエストラもとても気持ちよく迎え入れて下さり、救われました。

 

そして、毎度おなじみ平野桂子さん♪

f:id:tangoyuriko:20191110194128j:image

 

もはや顔を見るだけで安心する 笑

 

ウェルカムコンサートからの影アナ、第1部司会、休憩中は公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン様の企業紹介、第2部司会とほぼ喋り通してからの、

 

中島みゆきさんの「糸」

 

f:id:tangoyuriko:20191110194723j:image

 

メインはもちろん吹奏楽だけど、人様の前で歌う以上、余りに酷い声をお聴かせする訳にも行かないから直前のMCだけはさり気無くトーンを落とそう、と

思っていました。

 

ちなみに、直前の曲は「パプリカ」と「おどるポンポコリン」。

 

いやー…流行っているのは知っていたけどあそこまでのパワーを持っているとは…!

予定外に、小さいお子様が次々に舞台上に上がってきて想像以上の大盛り上がり!!

こちらもテンションが上がってしまって、ガンガン喋り通してしまいました…。

 

糸が始まり、

「これ、一体どんな声が出るんだろ?」

なんて思いながら歌い始め、実際自分としてはかなり大変な事になっていたのですが、この曲の持つパワーとマエストラのフォローと、楽団の皆様の素敵すぎる演奏に助けて頂き、間奏中も後奏中も曲終わりでも、たくさんの拍手を頂いてとても安心しました。

 

実はこの曲は最初はマイクを使う予定だったのを、マエストラが私にはマイク無しの方が良いからとゲネプロで急遽吹奏楽の編成を調整して下さって、生声でお届けする事が出来ました。

やはり、生声で歌う事を生業としていますから、このご判断はほんっっっとうに有難かったです。

 

f:id:tangoyuriko:20191110195838j:image

 

f:id:tangoyuriko:20191110195904j:image

f:id:tangoyuriko:20191110195939j:image

f:id:tangoyuriko:20191110200049j:image

 

このご縁を結んで下さった祖父江親子!!

f:id:tangoyuriko:20191110200124j:image

f:id:tangoyuriko:20191110200138j:image

午後に予定があるのに、サプライズでリハに来てくれた宏美ちゃん…♡

 

f:id:tangoyuriko:20191110200239j:image

同じくその後のご予定がお有りなのに駆け付けて下さった、戸澤さん。はじめましての感じが全くしなかった 笑

 

今回近くで吹奏楽の演奏をじっくり聴かせて頂いて、なんてカッコイイんだろう!と思いました。

オーケストラとはまた違うテンション、編成、音色。

そして皆さんのチーム一丸の演奏。

音楽ってやっぱりいいなとしみじみ思いました。

 

ありがとうございました。

 

平野桂子ちゃん(様)

来年2月にタイトルロールを歌わせて頂く、シビックホールのCarmen。

 

f:id:tangoyuriko:20191108211620j:image

指揮の平野桂子さんとは、他の現場でもご一緒する事があるのです。

私がご一緒した中では一番年齢が近くて、より一層「一緒に音楽を作って行こう」と思わせてくれるありがだーい存在です。

彼女、ほんっっっとうに忍耐強いというか懐が深いと言うか…。着火するまでがでんでん虫のようなペースの私に指揮棒を投げたくなった事は一度や二度じゃ無いはずなのに、とても良くしてくれて頭が上がりません 笑

指揮者や演出の方々がどんなに音楽を情熱を持って思い描いていても、私たち再現芸術家がそれをきちんと表に出せないとそれらは日の目を見れない訳で。

普段はどちらかと言うと物静かで、冷静で、言う事を聞かない歌い手たちに忍耐強く寄り添ってくれる桂子ちゃんだけど、彼女が出していないビゼーのに対する情熱がきっとたくさんあるはず!!!!

それをきちんと汲み取って、当日の舞台上で2人の思い描く音楽をガチっっっとビシっっっと!!!!シンクロさせたいと、とても思ってます。

 

エンジンかかるのご遅くてごめんね、桂子ちゃん(様)!いつもありがとうございます(土下座)

 

そして!先日の稽古の後で、Carmenの劇中に登場するお酒をプロダクションの根岸理事長が差し入れて下さり!!!

皆で美味しく頂きました(๑♡ᴗ♡๑)

f:id:tangoyuriko:20191108210845j:image

 

飲めない私はマカロンを 笑

 

f:id:tangoyuriko:20191108210907j:image

 

とても暖かなメンバーに囲まれて、皆様にご迷惑をかけないようにしっかりとカルメンを歌いたいと思います。

 

ここの所ロッシーニタンクレディーも勉強していて、本当に発声も音楽も真逆な感じで、不器用なので結構必死なのですか…。

けど、ベルカントタンクレディーの中にある激しさや、情熱的なカルメンの音楽の中にある緻密な繊細さなど、相反する面をそれぞれの音楽でどう表現出来るかが面白い!

と、思える所まで漸くたどり着いたので2月まで頑張ろうと思います。

 

だいぶ前の…

気がつけば10月も末…。

本番と稽古と音取りが一年で一番忙しいシーズンに突入ー!

 

もうずいぶん前の事の様なBegli amiciコンサート。

 

f:id:tangoyuriko:20191028221850j:image

 

楽しかったです。ゆきちゃんの企画能力にひたすら脱帽でした。

初夏に打ち合わせをした時、歌いたい曲が多すぎてずいぶんカットしたんだけど、それでもかなりのボリュームになってしまいました。

 

f:id:tangoyuriko:20191028222040j:image

前半は、昭和の歌謡曲など軽い曲を中心に。

愛の讃歌が意外にも好評で嬉しかった。今のポップスは全く歌える気がしないけど、レトロな歌謡曲やオールドミュージカルの曲なんかはオペラ歌手が歌っても許されるのねー。

今度、中島みゆきさんの「糸」を吹奏楽と一緒に歌うんだけど、ちょっと楽しみになってきました。

 

怒涛の後半は、まずフィガロの喧嘩の二重唱。

 

f:id:tangoyuriko:20191028222342j:image

「あら、スザンナだわ」

 

f:id:tangoyuriko:20191028222459j:image

若さには勝てず…。マルチェッリーナって、物凄いオバ様に思われがちだけど、きっと今の私くらいの世代。

 

そしてカヴァレリア・ルスティカーナ

f:id:tangoyuriko:20191028222707j:image
f:id:tangoyuriko:20191028222656j:image
f:id:tangoyuriko:20191028222659j:image
f:id:tangoyuriko:20191028222702j:image

 

どのシーンだか大体わかる写真の数々 笑

全曲オケ版で、いつかやりたいー!!今年の5月に歌わせて貰った時から、すっかり好きになりました。

 

そして最後はハバネラ。

f:id:tangoyuriko:20191028222826j:image

 

やっぱり、お客様の反応が全く違う‼︎‼︎

カルメンは2020年2月にロールデビューさせて頂きます♪

 

とっても充実したコンサートでした。

f:id:tangoyuriko:20191028223012j:image

↑ひどい。

 

影アナもしたよ!

f:id:tangoyuriko:20191028223048j:image

 

また次回をお楽しみに!

f:id:tangoyuriko:20191028223121j:image

 

ありがとうございました。

 

Begli amici

今年は、バカンスとは縁遠い日々を過ごしております。

 

まずは、梅雨前に受けたオーディションに合格させて頂き来年に歌うカルメンのタイトルロールの稽古。

オペラは通常、公演の2ヶ月ほど前から集中的に稽古が始まりますが、この公演は今夏から週一ペースで稽古があります。

あまり詳しくないフランス語のコレペティをしっかりつけて頂けるのは有難い限り。

 

そして、来月に迫ったコンサート「Begli amici」の稽古やら譜読みやら音取りやら。

f:id:tangoyuriko:20190826171721j:image

f:id:tangoyuriko:20190826171814j:image

むっちむち❤️

…………。

 

何が大変って、目玉の1つでもあるクイーンの『ボヘミアンラプソディ』。

クラシックばっかり歌ってると、この手の曲を歌う事になった時に対応するのに時間がかかってダメですね。

同業者さんの中にも、サラッとカッコよく歌いこなしちゃうタイプの人ってたまに見受けられて羨ましい限りです。

 

秋には司会やらコンサートやらがポツリポツリとあって、その時期に日本オペラ協会デビューになる「紅天女」の稽古も始まって、そうこうしている内にカルメンが大詰めになって…。

 

気がついたら桜が咲いている時期になっていそう…。