オペラ歌手 丹呉由利子blog

鎌倉在住のメゾソプラノ 丹呉由利子のブログ

藤原歌劇団 ノルマ

アンダースタディーとして関わっていた藤原歌劇団のノルマが昨日、大盛況のうちに無事終幕致しました。

 

昨日はあまりの暑さに、日生劇場に行くまでのほんのすこしの道のりですら外を通りたくなくて、冷房の効いた日比谷シャンテの中を通り抜けようとして、見事、夏のセールに引っかかってしまった…。

f:id:tangoyuriko:20170705122836j:image

ハリのある生地で、私のご立派なヒップラインを綺麗にカバーしてくれるロイヤルブルーのタイトなロングドレスドレス。秋のコンサートで着よう♩

 

などというどうでも良すぎる話はさておき。

 

今回、ベルカントの最高峰と言われるノルマを、これまた世界最高峰の歌い手であるデヴィーア(敬称略)がどの様に歌うのか、間近で体感したくてアンダーとして稽古場に入らせて頂きましたが、本当に良い経験になりました。

御歳70歳。特にGPと千秋楽は本当に素晴らしかったです。

もともとお待ちの素質以上に、たゆまぬ努力と鍛錬で磨き上げられたテクニックには無駄が一切なくて、稽古中にオクターブ下で歌っているのを見るだけでも本当に多くの事に気付かされました。

 

そして個人的には、デヴィーアに少しだけレッスンをつけて頂いたのはもう数年前の事で、きっと彼女にとっては数いるアジア人の一人だろうし憶えても居ないだろうと思っていたのに彼女の方から声をかけて下さって、またレッスンを受けにこないのかと言って貰えたのが嬉しかったなぁ…。

 

私の声はソプラノと言われる事も多く学生時代からメゾとして歩んで良いのか悩んだ時期がありました。

大きなコンクールでも、入選やファイナリストまでは進むのに最後の最後で賞に届かず、審査員の方に話を伺うと「貴女とても良いけどソプラノだと思ったの」と言われたり…。

そんな中で、救われたのがデヴィーアの

メゾソプラノで進んで良いと思う」

の一言。

もう、これ以上はないお墨付きを頂けた気分で、それ以降は声種の事でモヤモヤする事は一切なくなりました。

またお会いする機会がありそうなので、その時までにいい加減、イタリア語を何とかしなくては……。

 

 

 

 

イオンモール 幕張新都心

梅雨入りしたのに、毎日暑い。寒いのが好きなので早くも冬が恋しい。…まだ夏にすらなってないけど。

 

今、藤原のノルマの稽古真っ最中です。

美しく甘美で官能的な音楽の中に入り浸れて幸せです。

スコアとにらめっこして、ベッリーニが楽譜に書き起こした演出プランを自分なりに読み解くのが楽しくて仕方ありません。

(で、こうかなぁって思った事と同じ立ちを演出の粟国さんが付けていると心の中でガッツポーズ)

 

 

そして、来週末はイオン幕張新都心で歌わせて頂きます♡ノルマ役の小川さんも、ポッリオーネ役の藤田さんも、素晴らしい役作りをなさっているのでご一緒するのが楽しみです!

 

f:id:tangoyuriko:20170610143550p:image

http://makuharishintoshin-aeonmall.com/news/event/5168

 

楽しみー!!!

花まつり チャリティーコンサート

私は幼稚園からずっとカトリックだったのでお恥ずかしながら仏教の行事には疎いのですが、キリストの生誕祭がクリスマスならば、仏さまの生誕は「花まつり」という行事でお祝いするのだそうです。

 

14日に出演したコンサートは、そんな「花まつり」にちなんだコンサートでした。

なので…

 

ドーン‼️

f:id:tangoyuriko:20170515085559j:image

 

花まつりは、お花で飾られた仏さまに甘茶をかけてお祝いするのだそうで、

 ホールのロビーにも、こんなに可愛らしい仏さまが❤

 

f:id:tangoyuriko:20170515091018j:image

お寺のご住職と一緒に。

日本昔ばなしにそのまま登場しそうな、優しくて癒やされるオーラを放っていらっしゃいました😌

 

f:id:tangoyuriko:20170515085547j:image

開演前に私達も甘茶をかけました。そのお陰(?)か、なんだかホンワカした気持ちで本番を迎える事が出来ました。

プログラムは日本の曲が中心で、イタリア物には無い日本の曲特有の情緒感に溢れていて日本語の美しさを再認識しました。日本の曲のレパートリーも増やしたいな。

 

f:id:tangoyuriko:20170515090228j:image

 

と、いう事で今日からは藤原「ノルマ」の稽古が始まります。がっつりイタリアです🇮🇹

 

一度に二つ以上の事が出来ないので、たまにこういう事態に陥る。

セビリャが終わって、しばらくはセビリャロスになるかと思いきや…

 

そんな暇、全くありませんでしたー!

…忙しいと言えば聞こえは良いけれど、ただ単にセビリャが終わるまで後回しにしていた譜読みやら暗譜やらに追われているだけです…。

 

まずはこれ

f:id:tangoyuriko:20170510225950j:image

 

女王デヴィーアの日本ラストプロダクションの藤原歌劇団「ノルマ」。

今回はアダルジーザのアンダーで関わらせて頂いています。

ロッシーニからベッリーニへと鞍替えして毎日楽譜とにらめっこしてます。

一応は同じベルカントの括りのはずなのに、なんでこうも違うのか…。

音楽稽古開始まで後一週間。

音を取る意味での譜読みは何とか間に合いそうだけど、音価やら休符からベッリーニの意図するところを汲み取って自身に落とし込むまではとても間に合いそうにない…。

ベッリーニの、モーツァルトとはまた別の「完璧さ」が怖い。けど、美しい!!好き!!

そして、デヴィーアと同じ稽古場に入らせて頂けるなんて本当に幸せです。 

 

で、更にこれ。

f:id:tangoyuriko:20170510230732j:image

なんと、ノルマ初回音楽稽古の前日にある「花まつりチャリティーコンサート」

日本の歌満載です。日本の歌ってやっぱり日本人の心に染みる旋律で、歌っていてどこか切なくなる感覚がとても好きだけど結構難しい。

 

そしてそして、日本の歌に紛れ込んでいるラクメ「花の二重唱」!!いつか人前で歌いたいとは思っていたけど、何もこんな時期に来なくても!

 

そんなこんなで連日、高性能とは言い難い頭をフル回転させているわけです。

そうしたら今日練習スペースに行く途中に偶然通ったお店で閉店セールをしていて見つけたのが、これ。

f:id:tangoyuriko:20170510232147j:image

なんと、半額以下。中には70%オフなんてのも!

(意外に高いんです舞台用のキラキラ。かといって、安い物だと照明に当たっても輝きがイマイチだったりして…)

思いがけず発見してとてもラッキーでした♡

いつ、どこで、どのドレスに合わせようかな♪

 

 

 

 

藤原歌劇団 セビリャの理髪師 終幕

春らしいお天気に恵まれた日曜日、藤原歌劇団公演 セビリャの理髪師が無事に終幕いたしました。ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。

 f:id:tangoyuriko:20170502064737j:image

 

 私にとって藤原歌劇団のプリマデビューとなる公演で、恐ろしい事に大小様々な公演を含めてもロッシーニ作品への出演は今回が初めてでした。

 

 f:id:tangoyuriko:20170502064803j:image

 

ロッシーニだけがオペラじゃないし、ロッシーニはアジリタが得意な人が歌えば良い」
と言う、今から思えば甚だしい見当違いをしていた私はメゾソプラノなのに、学生の頃からロッシーニにあまりは触れる事なく過ごしてきました。
ちょこちょこっとアリアをつまみ喰いはしましたが。

f:id:tangoyuriko:20170502064818j:image

 

もともと聴くのは好きだったロッシーニ
稽古が始まりロッシーニの音楽に実際に浸かってみると、改めてその魅力や楽しさに日々気付かされた様に思います。

 

f:id:tangoyuriko:20170502064833j:image

こんなに楽しいならもっと前からきちんとアジリタやら、その他諸々勉強するしとけば良かった!

と、何度思った事か…。

 

実際、この短期間でクリアした事もあれば、どうにもならなくて悔しく思う所も多々あります。

 

f:id:tangoyuriko:20170502064844j:image

 

けれど今回、ロッシーニに今まであったコンプレックスにも似た苦手意識が、もっとこうしたい、こう歌いたいと言うポジティブな欲求に変わってくれました。
これを機にロッシーニの勉強はデイリーワークとして続けて行きたいと思います。

 

 f:id:tangoyuriko:20170502064859j:image

 

総監督、佐藤マエストロ、演出の松本先生、素晴らしい共演者の方々、プロ集団のスタッフの皆様、藤原の制作の皆様、
そしてご来場頂いた全てのお客様に心から感謝致します。
どうもありがとうございました。

 f:id:tangoyuriko:20170501211021j:image

 f:id:tangoyuriko:20170502061741j:image

 

密かにドキドキしていた、サイン入りの生写真の売れ残りも無くてホッとしたーっ!

f:id:tangoyuriko:20170501223136j:image

藤原セビリャ ゲネプロ終了

セビリャの理髪師ゲネプロが終了致しました( › ·̮ ‹ )

 

今回はHPが無かったので劇場でオケで歌うのは今日がお初。

ロッシーニのオーケストラは、オケピットに入ってしまうと舞台上に聞こえにくくなる場所が所々あってドキドキでしたが、マエストロとオーケストラの皆様のお陰でなんとか切り抜けました。

 

今回のプロダクションのチームは本当に居心地が良くて、終わってしまうのが寂しいけれど泣いても笑っても残り1日。楽しんで舞台に上がりたいと思います。

 

ちなみに、今日の楽屋での一枚。

f:id:tangoyuriko:20170428223709j:image

 

わかる人には分かってしまうこの後ろ姿♡同じシルエットで楽屋周りを並んで歩いていたのでかなり可笑しかったです(笑)

そして、事務所が撮ってくれていた舞台でのワンシーン。

f:id:tangoyuriko:20170429000320j:image

f:id:tangoyuriko:20170429000312j:image

どちらのドレスもとっても素敵でお気に入りです!

写真には無いけど冒頭のシーンではロングヘアにネグリジェを着ていて、ジュリエッタみたいな感じで個人的にはとても好きなので、明後日来てくださる方は是非みて下さい( ˊᵕˋ* )

 

 

通し稽古終了☆

藤原セビリャの公演まで残すところ10日を切り、本日通し稽古も終了しました。

 

この楽しい毎日があと10日で終わってしまうと思うと寂しい気もするけれど、残りの時間を目一杯楽しみたいと思います♡

 

明日はオケ合わせ。頑張るぞー!

f:id:tangoyuriko:20170422230734j:image

 

f:id:tangoyuriko:20170422230739j:image

 

…髪がボッサボサなのは仕方ないとして、相変わらずの前歯のすきっ歯が気になりすぎる…。