オペラ歌手 丹呉由利子blog

メゾソプラノ 丹呉由利子のブログ

藤原歌劇団 「ラ・トラヴィアータ」

東京文化会館で3日に渡って上演されたトラヴィアータが無事に終演致しました。

ご来場下さった皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

 

予算が限られた中でも、今回のプロダクションは舞台装置も衣装も全てイタリアで新しく作られていてとても華やかで、オペラを観た!という気持ちを存分に味わって頂ける舞台だったと思います。

 

それが全てだとは思いませんが、やっぱりオペラの舞台は華やかな方がお客様にとっても私たち歌い手側にとっても夢があって良いなぁと実感しました。

 

f:id:tangoyuriko:20190128164707j:image

 

上の写真は、乾杯の歌の途中でヴィオレッタとコンタクトを取った時のショット。

高級娼婦として同じ様な境遇を背負うヴィオレッタと「Godiam」と歌い合うこの瞬間がとても好きでした。

 

f:id:tangoyuriko:20190128170057j:image

裸婦の絵画で埋め尽くされたフローラの夜会のシーン。

ヴィオレッタが高級娼婦としてトップにまで上り詰めたにも関わらず、アルフレードへの愛情に目覚めてしまう反面、高級娼婦として「道を踏み外していない女」がフローラなのだと改めて思いました。

 

藤原デビューが岩田さんの演出のフローラで、今回が2回目のフローラでしたが、大先輩の歌い手の方々も、こうして回数を重ねて少しずつ深みと重みを増して日々進んでいらっしゃるんですね。

 

そして、砂川涼子さんと光岡暁恵さんというプリマのお二人の役作りと音楽づくりを間近で拝見できた事も本当に有難い経験でした。

しかも、始めて歌わせて頂く東京文化会館で、6回も稽古させて頂き、折江先生や牧野先生をはじめとする大ベテランの先輩方のオペラへの取り組み方を間近で拝見させて頂き、2019年のスタートとなる1月にこんなに恵まれた環境で歌う事が出来てとても幸せです。

 

自分の未熟さを痛感すると共に、次のステップに進むべく精進したいと思います。

プライベートにちょっとした変化があり、今後私がどの様な道を歩むのか不安と期待が入り混じっておりますが、友人の

「迷ったら、怖い方に進んでみた方がよい」

という何とも私にピッタリな名言(?)を胸に、頂いた仕事に対して出来る限り丁寧に、誠実に、全力で取り組んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

f:id:tangoyuriko:20190128173204j:image

 

f:id:tangoyuriko:20190128173251j:image

 

f:id:tangoyuriko:20190128173225j:image 

 

 

 

 

 

 

連日、上野。

1月末の藤原歌劇団ラ・トラヴィアータ」の稽古の為、毎日東京文化会館に通っています。

f:id:tangoyuriko:20190122110722j:image

↑歴史と伝統を感じる、大好きな文化会館の舞台袖。

(今回のプロダクションの小物等は一切写っておりません。)

今回は3日公演のトリプルキャストという事で、稽古の組み方も2日公演の時とはかなり違います。

私は初日と楽日に出演しているので、その分多く稽古を重ねる事が出来ています。

 

最近は(いうか私がデビューした時はすでにそうでしたが)、小屋入りしてからの稽古日数が本当に必要最低限の回数に抑えられる風潮がある中で、文化会館でこんなにも連日稽古をさせて頂けるのは有難い事です。

通常だと大体一日置きになる稽古が連日になるので、勿論コンディションを保つのに気を使うこともありますが、それでもやはり私の様な経験の浅い歌い手にとっては本当に恵まれているとしか言い様がありません。

 

変に真面目で不器用なところがあって、立ち振る舞いを効果的に綺麗に見せる事は少し(?)苦手なのですが、昨日までの数日間でみっちり探らせて頂きました。

 

今日からはお客様をお招きしてのゲネプロがスタートします。

今回のプロダクションは、キャストの大先輩方が歌い手としても人としても本当に本当に素敵な方ばかりで毎日色々な事を気付かせて頂いております。

 

本番さながらの最終リハーサルで、後どの位もがく事が出来るのか分かりませんが、環境に感謝して一日を大切に噛み締めながら舞台を踏もうと思います。

歌い納めin 沖縄

今年の歌い納めは沖縄でのMessiah公演でした。

f:id:tangoyuriko:20181229143603j:image

Messiahのアルトパートはどちらかと言えばカウンターテナー向けなのか、メゾソプラノの私にはかなり低め。

中低音ばかりだし、passaggioの付近を何度も行き来するし…私の声の良い所を思う存分発揮出来るかと言われれば、出来ません。

けれどそれ以上にMessiahは学生時代から大好きで、しかも今回はベーレンライター版のMessiahだったのでバリトンが担当する事も多い6番のアリアも私が歌わせて頂けてかなり幸せでした。

バリトンのアリアがいい曲が多すぎて、いつか絶対歌ってやろうと思っていた野望が一つ叶いました…。

 

f:id:tangoyuriko:20181229143634j:image
f:id:tangoyuriko:20181229143639j:image

 

全曲を舞台上で過ごす宗教曲のお仕事は、座っている間も常にお客様に見られている緊張感もありますが、舞台上から客席を眺めながら、オーケストラの音に包まれている時間は私としては至福のひとときです。

悠々と流れるヘンデルの音楽を聴いていると心洗われる心地がして幸せでした。

素敵な歌い納めにする事が出来ました。

来年もMessiah歌えますように!ハレルヤ♩

 

 

 

 

第九in名古屋

12月の頭は、名古屋で第九を歌わせて頂きました。

f:id:tangoyuriko:20181227160436j:image

 

指揮の山下マエストロは、数年前に藤原歌劇団の「I Capuleti e i Montecchi」でロメーオのアンダーをしていた時にお知り合いになりました。

今回第九のソリストとして呼んで頂きとても嬉しかったです。

f:id:tangoyuriko:20181227161002j:image

 

そして、会場となった愛知芸術文化センターもとっても素晴らしいホールでした。

第九はアルトのソロパートが少ないので、今度はもっと沢山このホールで歌いたいなぁ、なんて事を合唱さんの熱唱を聴きながら考えていました。

f:id:tangoyuriko:20181227161242j:image
f:id:tangoyuriko:20181227161236j:image

 

客席はなんと満席。名古屋のエネルギーを感じました。鎌倉も頑張りたい…。

百合と孔雀 in大倉山記念館

かれこれ人生の半分以上を仲良しの友人として過ごさせて頂いてるマユラ玲奈さん。

 

高校を卒業した後、日本の音大には行かずに声楽の勉強を続けてイタリアに旅立ち、コンセルを修了した彼女と大倉山記念館でデュオコンサートを開催しました。

 

f:id:tangoyuriko:20181227155338j:image

 

大倉山記念館横浜市の施設なのですがとても素敵な空間で…

 

f:id:tangoyuriko:20181227155539j:image
f:id:tangoyuriko:20181227155543j:image
f:id:tangoyuriko:20181227155535j:image

 

コンサートのイメージを膨らませるのも楽しかったし、ご来場頂いた皆様にも好評で嬉しかったです。

 

今年の秋はソロのコンサートをさせて頂く機会が多かったのですが、これはデュオコンサートという事で、cosi fan tutte や ホフマン物語辺りから二重唱も採用しました。

f:id:tangoyuriko:20181227155943j:image

 

個人的にはドン・カルロのエボリのアリアを始めて人前で披露したのがちょっとしたチャレンジだったかなと思います。

また、一緒に歌いたいな。まゆちゃん♡

 

コンサート前日、発熱。

明日は旧友とのデュオコンサートの本番!

そして現在発熱中…。ちーん(←古)

喉をやられていないのが不幸中の幸いです。

 

ここの所、体調管理の悪さが原因で周りに迷惑をかける事が多いので来年は暮らしのリズムを少しゆとりのあるペースにしないといけないのかも知れない。

 

学生の頃は本番回数も少なかったけど、仕事が増えれば不調の中で本番を迎える事だって当然増える。

 

私の、まだまだ駆け出しの赤ちゃんの様なキャリアの中で、一番辛かったのは気管支炎と副鼻腔炎のダブルコンボの中で歌ったケルビーノでした。

 

只でさえオケとズレやすい1幕のアリアに、走って寝転んで隠れて、とにかく動き回らなければいけない演出。「オレに合わせろ」的な指揮のマエストロ(素晴らしいキャリアのマエストロでしたよ!合わせられなかったこちらが悪い)、気管支炎で弱った肺にどんどん上がる息…。

 

次に辛かったのは、今回と同じ様な症状の中で出演した新国立劇場のガラコンサート。

鼻水と発熱が治らない中で、病院に行った帰りに記録的な豪雪で電車5時間ストップ。からの、バス運休で大雪の中を徒歩1時間かけて帰宅。

 

けれど、ケルビーノはとりあえず大きな事故なく歌いきったし(その時のDVDは死ぬ間際にしか見る勇気はないけど)、ガラコンの方はそれまでの本番の中で皆様から一番褒めて頂けた本番でもありました。

今でも「あの時が一番良かった!」なんて言う人もいるくらい。

 

当たり前だけど身体って生身なので、その都度調子は違うし、どんな体調の時にどういう対処をすれば良いのかをこの二つの公演で学べたのは幸いでした。何か障害があった方が燃えるタチの様です。

39度の発熱の中で主役を演じて拍手喝采だった先輩もいらっしゃいました。

 

何が言いたかったかといえば、どんなコンディションでも明日は必ず良いコンサートになりますよ。

って事です!!!!

皆さま、どうぞ楽しみにご来場下さいませ。

……くれぐれも風邪には気をつけて…。

 

f:id:tangoyuriko:20181115184049j:image

ちなみに、今日ついでにしてもらったアレルギーチェック。

あると思い込んでいた猫にはなくて、まさかの犬にだけ反応が…。

ショックーーーーー!

 

…さ、寝よ寝よ。

 

 

 

日本歌曲

先日、鎌倉某所でコンサートをしてきました。

 

プログラムはこんな感じ。

f:id:tangoyuriko:20181110221053j:image

アンコールに「竹とんぼに」と「小さな空」を添えました。

 

師匠も、出身大学も、イタリア物を得意としているので今まであまり日本歌曲や日本オペラを歌ってこなかったのですが、ここ一年ほど

「日本物も、いいっ!」

と、思う様になっています。

f:id:tangoyuriko:20181110221746j:image

音楽からあふれてくる日本特有の情緒が何とも心地よく、歌えてとても幸せでした。

今後は日本物に接する機会もありそうなので、しっかり向き合って行きたいと思います。

f:id:tangoyuriko:20181110221757j:image

日頃使っている言葉ですが、とても深くて難しい言語ですよね日本語って。

歌には直接関係ないですけど小さい頃、色や雨や雲の呼び方の種類が多いのがとても好きでした。

 

f:id:tangoyuriko:20181110222240j:image

 

次回のコンサートは、打って変わってスペイン語とフランス語とイタリア語ですー。

 

 

f:id:tangoyuriko:20181110222554j:image

↑リハ中のきくちゃん♡